膝痛い!正座やあぐらで曲げると痛い原因と改善策

正座やあぐらの姿勢で膝を曲げると痛みを感じませんか?その痛みが治らず、日常生活に支障をきたしていませんか?

膝の痛みは、誰にでも起こりうる身近な症状です。

しかし、原因がわからず、適切な対処ができないと、症状が長引いてしまいます。

この記事では、正座やあぐらなどで膝を曲げる際の痛みの原因を解説します。さらに、自宅でできる対処法や改善への道筋を分かりやすくお伝えします。

この記事は、以下のような人々に向けて書かれています。

  • 正座やあぐらの姿勢で膝を曲げると痛みを感じる人
  • 日常生活で膝の痛みに困っている人
  • 膝の痛みの原因が分からず、適切な対処ができていない人
  • 膝の痛みが長年つきまとう慢性的な症状に悩んでいる人
  • 最近になって膝の痛みが出始め、対策を探している人

膝の痛みの原因は?症状から探る方法

膝の痛みに悩んでいるのが分かる画像

膝の痛みは、原因がさまざまで、一つひとつの症状を丁寧に拾い上げていかなければなりません。

外傷によるねんざや打撲、関節の老化による変形性膝関節症、筋肉や腱の炎症、靭帯の損傷、そして神経障害など、考えられる原因は多岐にわたります。ですから、痛みの場所や症状から、可能性のある原因を絞り込んでいく必要があるのです。

鈍痛であれば内障性の疾患、針でさされるような痛みは神経障害、熱を持った痛みなら炎症性の疾患が考えられるでしょう。

このように、一つひとつの症状を丁寧に拾い上げ、痛みの場所、性質、動作との関連から、可能性のある原因を探っていくのが賢明な対処法です。早期発見と適切な対処が何よりも重要ですから、少しでも気になる症状があれば、迷わずに私どものような専門家に相談するようお勧めします。

膝痛み場所について(外側、内側、上面など)

膝の痛みの部位について触れている画像

まず外側の痛みですが、これは外側半月板損傷や大腿筋膜張筋炎もしくは外側広筋炎が考えられます。外側半月板は膝関節の外側にあり、この部分を損傷すると激しい痛みが走ります。

一方、内側の痛みになると、内側半月板損傷が疑われます。内側半月板は外側半月板と同様に損傷すると激痛が走るほか、内側の靭帯の損傷も考えられます。

前面の痛みに関しては、変形性膝関節症や膝蓋腱炎が原因として挙げられます。膝蓋腱炎は膝の前面を通る腱で、この部分の炎症により前面に痛みが出るのです。変形性膝関節症は加齢による関節の変形が原因の疾患ですが、この場合も前面に痛みが出ることがあります。

さらに、後面の痛みになると、ハムストリングス(筋肉)の損傷や、膝窩筋の硬さなども疑われます。ハムストリングスは太ももの裏側の筋肉群で、これを痛めると膝の後ろが痛くなるのです。

しゃがむ等の膝を曲げると痛い、伸ばすと痛いなど動作別の症状

しゃがんでいる女性の画像

しゃがんだり膝を曲げたり伸ばしたりする動作で起こる膝の痛みについて、詳しくお話ししたいと思います。

膝の痛みは、一見単純に見えても、実は動作によってその症状は大きく変わってくるものなのです。例えば、しゃがむ動作や膝を曲げる動作で痛みが出る場合、半月板損傷が疑われます。

半月板は膝の中の軟骨で、しゃがむ際の衝撃で損傷を起こすと、激しい痛みが走るのです。特に内側や外側に痛みがある場合は、その部分の半月板に損傷がある可能性が高くなります。

一方で、膝を伸ばす動作で痛みが出るケースも少なくありません。この痛みは、変形性膝関節症など、加齢による関節の変形が原因と考えられています。完全に膝を伸ばそうとすると、変形した関節に無理な負荷がかかり、そこから痛みが生じてくるのです。

さらに、階段の昇り降りで膝が痛む症状も見られます。この場合も半月板損傷が疑われますが、それ以外にも靭帯の損傷や跳膵腱炎、変形性膝関節症なども考えられるでしょう。

このように、膝の痛みは動作によって様々な症状が出てくるのが特徴です。そのため、詳しい問診と検査を行い、一人一人の症状を丁寧に拾い上げていくことが何よりも大切になってきます。痛みの場所、動作時の痛み方など、些細な違いも見逃さずに確認し、適切な原因の特定と治療へと繋げていく必要があります。

少しでも気になる症状がある方は、遠慮なく相談してください。一緒になって、その痛みの原因を探っていきましょう。

膝関節痛の治し方ツボ、ストレッチや筋トレについて

膝の治療を受けている男性の画像

膝の痛みは日常生活に支障をきたすだけでなく、精神的なストレスも大きなものです。そこで今日は、膝関節痛を和らげるためのセルフケア方法として、ツボ、ストレッチ、筋トレについてご紹介したいと思います。

まずツボですが、膝関節痛に効くとされる代表的なツボが「陰陵泉」(陰陵泉は、膝の内側にあるツボで膝下約10cm、脛骨内側顆下縁の陥凹部にあります)と「足三里」(膝のお皿の下、外側10cmの点を探します。膝のお皿の下から指を横に這わせ、10cm進んだところです。)です。

陰陵泉は膝の内側にあり、この部分を押すと膝関節の痛みが緩和されるといわれています。一方の足三里は、ふくらはぎの外側にある別の重要なツボで、ここを刺激することで膝全体の痛みが和らぐといわれています。

次にストレッチですが、太ももの前側と裏側の筋肉をストレッチすることが大切になります。前側は股関節や膝関節の可動域を高め、裏側は膝への負担を和らげる効果があります。ゆっくりとした動作で無理のないストレッチを心がけましょう。

そして筋トレは、足首・膝関節・股関節の筋肉を鍛えることが重要です。具体的には後脛骨筋や腓骨筋、内転筋や内側ハムストリングス、内側広筋などです。この辺りの筋力が落ちると、膝関節への負荷が高まり痛みの原因になるからです。自重や弾性バンドを使った運動(具体的な方法としては、足首を内側と外側に倒す運動や座った状態で膝を曲げる運動、内股に力を入れる運動などが有効でしょう。)から始めてみてはいかがでしょうか。

膝の痛みに手を打たず後で後悔しないために群馬の吉岡整体院へ!

膝の痛みは放置せず、早めの治療を心がけましょう!

渋川市、榛東村、前橋市、沼田市、高崎市、伊勢崎市吉岡町で足の痛みにお悩みの方、ぜひ吉岡整体院にご相談ください。

長年の慢性的な痛みから、スポーツによる怪我など、様々な足の痛みを根本から改善へと導きます。

当院の特徴

  • 豊富な経験と実績:院長は累計2万件以上の施術経験を持ち、様々な足の痛みの症例を改善してきた実績があります。
  • 根本原因へのアプローチ:痛みのある箇所にだけ施術するのではなく、体の全体のバランスを整えることで、根本原因から痛みを改善します。
  • 痛みのない施術:ボキボキ鳴らすような施術は行いませんので、安心して受けていただけます。
  • 丁寧なカウンセリング:お客様のお悩みをしっかりと伺い、一人ひとりに合わせた施術プランをご提案します。

足の痛みでお悩みの方、諦める前にぜひ一度吉岡整体院にご相談くださいね

\クリックで無料相談!/

関連記事

足の指を広げるのはよくない?痛い原因や足指パッドの効果について

足指を広げることは、足裏の筋力強化やアーチ形成、外反母趾などの予防に効果的と言われています。しかし、やり方を間違えると逆に足を痛めてしまうこともあるのです。 こ…

ぎっくり腰にマッサージは意味があるのか?

ぎっくり腰とは急激な腰の痛みを伴う状態であり、日常生活に大きな影響を及ぼすことがあります。 結論から先に書くとぎっくり腰の初期は自己流マッサージはNGです。 マッ…

一日中続く手のこわばりをとる方法とは?原因とマッサージを紹介

パソコンやスマホの使いすぎ、家事など、日常生活で酷使する手。 気づけば一日中、手のこわばりに悩まされている…そんな経験はありませんか? この記事では、手のこ…

歩きすぎに注意!モートン病の青竹踏みの効果やマッサージ方法について

「モートン病」は足の痛みを引き起こす疾患で、日常生活に支障をきたすことがあります。 このブログでは、効果的なマッサージ方法、湿布の使い方、ツボ押しのテクニック、…

ももかんは一日で治せる?痛みの原因と症状、自宅でできる対処法

ももかん(大腿部筋挫傷)は、運動中や日常生活で発生する痛みの一つです。 この記事では、ももかんの原因、症状、そして自宅で行える対処法について詳しく解説します も…

>>吉岡整体院トップページへ

メインページ

お知らせnews > 一覧 お悩み別コース紹介course メニューmenu お悩み別コース紹介course 投稿者プロフィール 院長 最新の投稿 ブログ2024年5月14日膝痛い!正座やあぐら…

\チャンネル登録よろしくお願いします!/